アニメ漫画ファンファン

最新アニメと漫画のレビュー、感想、考察を毎日更新。あなたのお気に入りの次なる作品を見つけよう!

呪術廻戦ネタバレ考察:宿儺、終焉へのカウントダウン! 原画展に合わせて7月で完結するのか

読者の間で話題沸騰中の宿儺の生死、そして物語の結末について、作中の伏線や読者の予想を元に徹底的に考察していきます。宿儺は本当に死亡するのか? それとも…?

1. 宿儺死亡確定…? 裏梅の勝利宣言は死亡フラグなのか?

1-1. 裏梅「私達の勝ちだ」発言の真意とは?

宿儺の忠実な僕である裏梅。

彼女は作中で、「私達の勝ちだ」という勝利宣言を発しました。

しかし、その発言の直後には宿儺は最終奥義を放つも倒せたのは脹相兄貴のみで術式使用が困難になる窮地に陥る展開が待ち受けており、読者の間では「死亡フラグ」ではないかと囁かれています。

彼女の真意は一体どこにあるのでしょうか。

盲目的なまでの忠誠心からくる、楽観的な見通しなのでしょうか?

それとも、何か別の意図が隠されているのでしょうか?

1-2. 読者の間で囁かれる“負けフラグ”説

裏梅の勝利宣言が「負けフラグ」なのではないかという憶測は、読者の間で大きな話題となっています。

直近でも五条の「勝つさ」、日下部の「五条の勝ちだ」、秤の「勝つのは俺達だ」、虎杖の「勝てる!繋いだ!全員でここまで!」と負けフラグを回収し続けています。

過去のジャンプ漫画においても、このような発言が後に敗北を招く展開は数多く見られました。

読者は過去の経験則から、裏梅の発言に不吉な影を感じ取っているのでしょう。

宿儺の圧倒的な強さを前にしても、「やったか!?→やってない」のお約束展開が読者の心理に反映されていると言えるでしょう。

1-3. 秤の勝利宣言との対比、そして宿儺の余裕

興味深いのは、秤との対比です。

秤もまた、宿儺との戦闘中に勝利宣言を発しました。

しかし、宿儺は秤の発言を意に介さず、余裕すら感じさせる態度を見せました。

裏梅の勝利宣言にも同様の余裕を見せていることから、「負けフラグ」説を否定する声も少なくありません。

宿儺自身は、裏梅の発言に惑わされることなく、自身の勝利を確信しているのかもしれません。

2. 宿儺の奥の手は? まだまだ残された可能性

2-1. 読者が予想する宿儺の逆転劇

窮地に立たされながらも、どこか余裕を感じさせる宿儺。

読者の間では、まだ見ぬ奥の手が隠されているのではないかという期待が高まっています。

例えば、まだ登場していない宿儺の呪具である飛天。

飛天が戦況を一変させる力を持っている可能性も考えらます。

また宿儺はほぼ自由に縛りをかけ術式をパワーアップさせることが可能のようです。

もし自身の命の一部をかける等のリスクの大きい縛りを結び最終奥義を超える何かを起こす可能性も考えられます。

2-2. 伏線として挙げられる「宿儺様はまだ本気じゃない」

裏梅が放った「宿儺様はまだ本気ではない」というフレーズは、宿儺の真の力を示唆する重要な伏線と言えるでしょう。

もしこれが本当のことで宿儺がまだ本気を出していないなら虎杖達のピンチはまだ続くことになりそうです。

読者の中には幽遊白書の戸愚呂がやった「100%中の100%」モードになるのではないかと予想している人もいます。

芥見下々先生は冨樫義博先生の漫画に影響を受けている節が多々あるので宿儺が本気を出し戸愚呂のように自壊し死を迎える展開もあるかもしれません。

2-3. 1億樹齢、伏黒の存在… 鍵を握る要素とは?

宿儺の生死、そして物語の結末を左右する要素は、他にも存在します。

例えば、1億呪霊という膨大な呪力を持つ存在。

宿儺と1億呪霊の関係性、そしてその力が物語にどのように影響するのか、注目すべき点です。

また、伏黒の存在も重要な要素と言えるでしょう。

宿儺の器となっている伏黒を救出するのもこの戦いでの作戦目標となっています。

虎杖の魂を捉える特殊能力により宿儺の魂を伏黒から引き離すことができれば伏黒を救い宿儺を倒すことも可能でしょう。

3. 物語の終着点は? 読者予想から見る結末

3-1. 原画展を意識した終焉予想

2024年7月より開催される、呪術廻戦の原画展。

読者の間では、この原画展に合わせて物語が終焉を迎えるのではないかという予想が多数見られます。

作者の芥見先生は、過去に「呪術廻戦でジャンプフェスタに出演するのは最後」と発言しており、完結が近いことを示唆しているという見方もできます。

原画展という一大イベントに合わせて、物語が感動的なフィナーレを迎えることを期待する声も多いようです。

3-2. 宿儺撃破後の展開、エピローグの可能性

仮に宿儺が虎杖に倒された場合、どのような結末が待ち受けているのでしょうか。

読者の間では、宿儺撃破後の世界、そして登場人物たちのその後を描いたエピローグが展開されるのではないかという予想も出ています。

長きに渡る呪いの歴史に終止符が打たれた後、呪術師たちは、そして世界はどう変わっていくのか。

平和な世界を取り戻した登場人物たちの姿は、読者に感動を与えるとともに、物語の余韻を深く心に刻むことでしょう。

3-3. 伏黒ラスボス説、一億呪霊との対決

一方で、宿儺が倒された後も、物語は新たな展開を迎えるという可能性も考えられます。

1億呪霊という強大な呪霊との対決が待ち受けているかもしれません。

宿儺の死が、新たな戦いの幕開けとなる可能性も否定できないでしょう。

3-4. ジャンプ漫画らしい王道展開? 虎杖覚醒による宿儺撃破

ジャンプ漫画らしい王道展開としては、虎杖が覚醒し、宿儺を撃破するという結末が考えられます。

宿儺という強大な敵を前に、虎杖が秘めた力を解放し、成長を遂げる。

そして、仲間たちとの絆を胸に、宿儺との最終決戦に挑む。

このような展開は、少年漫画の王道であり、読者に爽快感と感動を与えるとともに、物語を力強く締めくくるでしょう。

3-5. 読者の間でささやかれる“転生”の可能性

一部の読者の間では、宿儺の「転生」という可能性がささやかれています。

転生という概念は、多くのフィクション作品で用いられる定番のテーマであり、呪術廻戦においても、意外な展開として導入される可能性はゼロではありません。

もし転生が実現した場合、物語は全く新たな局面を迎えることになり、読者に大きな衝撃を与えるとともに、更なる謎と伏線を残すことになるでしょう。

4. 終わりへ向かう呪術廻戦、その結末を見届けよ!

4-1. 芥見先生の発言から読み解く終焉時期

芥見先生の発言、そして物語の展開から、呪術廻戦の終焉はそう遠くないと感じられます。

原画展を一つの目安として、物語は着実に終焉へと向かっていると言えるでしょう。

読者としては、残された時間を大切に、毎週の展開を見守っていく必要があるでしょう。

4-2. 読者の様々な感情、そして期待

宿儺の生死、物語の結末、そして登場人物たちの運命。

読者はそれぞれの想いを胸に、今後の展開を見守ることでしょう。

喜び、悲しみ、驚き、そして感動。

様々な感情が交錯する中、呪術廻戦は、読者の心に深く刻まれる作品として、その歴史に幕を閉じることになるでしょう。